和音構成で聞くセブンスやサスフォーとは?

今回は、「7th(セブンス)」「sus4(サスフォー)」と呼ばれるコードについて解説していきます。

前回は、「major(メジャー)(明るい)」「minor(マイナー)(暗い)」と呼ばれるコードについて解説しました。

今回紹介する二種類のコードは、このコードの基本形をもとに、どのような音の違いがあるのか、どのようなハーモニーの特徴があるのか、どのようなタイミングで使われているのか、ということについて説明していきます。

今回も同様にハ長調(ド、レ、ミ、ファ、ソ、ラ、シ、ド)を使っていきます。

と、その前に、コードを見るときのコツについて話しておきます。

それは、コードを分解して、それぞれが何を表しているのかを考えながら見る、ということです。

今回は、C〇〇といったコードを扱います。前回メジャーコードとマイナーコードがあることを学んだので、メジャーコードであるCとその他の部分、マイナーコードであるCmとその他の部分、というように、どこで区切るかも重要なポイントです。

これだけだと少し分かりづらいと思うので、実際に取り上げて説明していきます。

それでは、セブンスコードについて解説していきます。

 セブンス、とは?

セブンス、とは、基本となる音(根音)から7度上の音、という意味で用いられます。

ドの音を基本とすると、7度上はシ、またはシ♭の音になります。「M7」の場合は、ドと長7度であるシ、「7」の場合はドと短7度であるシ♭が用いられます。

そして、このシの音、セブンスを用いるコードが3つあるので紹介します。

 CM7,Cmaj7,C△7(メジャーセブンスコード)

メジャーセブンスコードは、表記の仕方が3つあり、一見すると違うコードのように見えますが、すべて同じコードを示す書き方であることを始めに覚えておきましょう。(今回はCM7で統一します。)

CM7はどのような音で構成されているのか

まず、このコードを分解すると、「C/M7」というふうに分けることができます。

これは、Cと表されるメジャーコード(ド、ミ、ソ)に加えて、長7度(シ)の音を加えたものになります。

CM7の場合、ド、ミ、ソ、シになりますね。

CM7のハーモニーの特徴

独特の浮遊感を持ち、ちょっと不安定な感じのする音色ですが、明るい響きから、ちょっとオシャレな感じに変わりますね。

このコードには、ドとシの音が含まれていて、濁っているのが特徴的です。古典的なクラシックとかだと、ド、ミ、ソなどのようにほとんど綺麗なハーモニーを持つ和音しか好まれないため、あまりこういった濁りのある和音は用いられません。逆に、今のジャズなどのようなポピュラー音楽では「オシャレ」で「使い勝手が良い」ので割とよく見かけます。

CM7コードが使われるタイミング

CM7コードは、オシャレではあるものの、濁っている音があるので、どうしても不安定な印象があります。ですが、これはかえって「次につながる」コードであると言えます。

明るくきれいな響きばかり続いてもあまり面白くありませんし、終わったんだな、という感覚が薄れてしまいます。

そこで、敢えてこのようなコードを入れることによって、アクセントとなり、終わりに向かう大まかな流れが出来上がります。

C7(セブンスコード)

続いて、セブンスコードです。これは、セブンスコードの中で最も重要なコードだと私は思っているので、ぜひ覚えるようにしましょう。また、これはCM7と混合してしまいやすいので注意しましょう。

C7はどのような音で構成されているのか

このコードを分解すると、「C/7」にいうふうに分けることができ、C(ド、ミ、ソ)と、短7度(シ♭)の音であることがわかります。

C7の場合、ド、ミ、ソ、シ♭になりますね。

CM7と比べると、シかシ♭かの違いがあります「CM7→C/M7」は「M7」なのでシの音、「C7→C/7」は「7」なのでシ♭の音、というように覚えましょう。

C7のハーモニーの特徴

印象はCM7とよく似ていますが、CM7と比べて、より不安定な感じがするのがこのC7です。

C7コードが使われるタイミング

CM7と同様に不安定な印象を与える響きを持っていて、終わりへ向かう働きをシます。ですが、CM7と比べて、より不安定な印象を持つので、終わりのコードの前はCM7よりも、C7のほうがスッキリした印象で終わることができると思います。

 Cm7(マイナーセブンスコード)

続いて、Cm7はC7のCがCmになったコードで、単純そうに見えますが、ぜんぜん違う響きを持つのが特徴です。

C7はどのような音で構成されているのか

このコードを分解すると、「Cm/7」にいうふうに分けることができ、Cm(ド、ミ♭、ソ)と、短7度(シ♭)の音であることがわかります。

Cm7の場合、ド、ミ♭、ソ、シ♭になりますね。

C7のハーモニーの特徴

これは分解したときの左側がCだった他の2つのコードに比べてCmになったので、さらに暗いハーモニーが感じられます。

続いて、サスフォーコードについて解説していきます。

 サスフォーとは?

「サス」とは英語の”suspend”の略で、”suspend”には、「吊り上げる」などという意味があります。

「フォー」はそのまま「4番目」という意味で、これらを合わせると「4番目に吊り上げる」となります。吊り上げる、ということは、それより下にあるものを上に上げることになり、コードの場合では、三度の音を半音上げて四度の音にする、という意味を持っています。

Csus4はどのような音で構成されているのか

このコードを分解すると、「C/sus4」にいうふうに分けることができ、C(ド、ミ、ソ)の、三度の音(ミ)を半音上げて四度の音(ファ)にします。

Csus4の場合、ド、ファ、ソ、になりますね。

Csus4のハーモニーの特徴

ファとソの音が濁っていますが、どちらも完全系の音と言われて、ドとファ、ドとソがどちらもきれいな響きを持っているので、あまり汚い感じはしません。よって、明るい響きが強くなります。

Csus4コードが使われるタイミング

こちらもセブンスコードと同様に、終わりが締まるようにアクセントとして用いられます。

ですが、サスフォーコードの場合はセブンスコードよりも明るい響きのほうが強いので、明るい流れを崩したくないな、というときに用いられます。

 まとめ

セブンスコードは基本的な三和音に7度上の音を加えることによって不安定な印象を与えるようになり、サスフォーコードは基本的な三和音の三度の音を四度に上げることによって不安定さを出す、ということがわかりました。

このように、セブンスコードやサスフォーコードは、通常では単調になってしまいがちなコード進行にアクセントとして少し加えたり、不安定さを出すことによって終わりのコードが綺麗に締まって聞こえるようにするために用いられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です