auの故障紛失サポートは最悪?交換用電話機お届けサービスを利用してみた結果

みなさん,こんにちは~!

今や毎日の生活に欠かせなくなったスマートフォンですが,そんな大切なスマートフォンが故障してしまったときのこと,きちんと考えていますか?

いざスマートフォンが故障してしまうと非常に不便ですし,すこしでも早く治したいものです.しかし,そういう時に限ってどのように対応していいかわからなくなりますよね.

今回は選択肢の一つとしてauが提供している「交換用電話機お届けサービス」を利用してみたのでご紹介したいと思います.

au交換用電話機お届けサービス

このサービスは,auの「故障紛失サポート」に加入していると使用できるサービスで,毎月の料金に故障紛失サポートの利用料金が足されて請求されます.

水没やスマートフォンを落としてしまったなどのなんらかの理由で携帯電話が故障してしまったり,紛失,盗難の被害にあった場合に,¥3000~で同色,同機種の携帯電話機と交換できるサービスです.

しかしこれがいろいろ複雑な仕組みでしたので一つ一つばらしてみていきたいと思います.

利用料金は?

故障紛失サポートの利用料金が2018年10月に改訂になりましたので,2018年9月以前と以降に分けてみていきます.

2018年9月以前発売の機種

スマートフォン(4G LTE)・タブレット(4G LTE)・ スマートフォン(3G)
ケータイ(4G LTE)・ケータイ(3G) :380円/月

2018年9月以前はデータ通信端末・フォトストレージ端末(4G LTE)・据置き型ルーター(4G LTE)は故障紛失サポートの対象外でした.

2018年10月以降発売の機種

スマートフォン(4G LTE)・タブレット(4G LTE) :630円/月

データ通信端末・フォトストレージ端末(4G LTE)・据置き型ルーター(4G LTE) :380円/月

4G LTEのスマートフォンや端末の場合の月額が値上がりしました.その一方で,データ通信端末も故障紛失サポートに加入できるようになりました.

利用方法

まずは故障紛失サポートに加入していることが絶対条件です.

故障紛失サポートへの加入は,契約時のみ可能となっています.契約中のプランに故障紛失サポートを追加することはできませんので気を付けてください.

交換用電話機お届けサービスを利用するときには上記の月額のほか,1回3000円~を支払うことになります.

故障紛失サポートのサービス内容

  • 同機種,同一色の新品同等品(リフレッシュ品)をお届け
  • 最短で申し込み当日,遅くとも申し込みの翌日までに到着
  • コンビニ,宅配ロッカー受け取りも可
  • 液晶保護フィルム貼り付け対応
  • 代用機種なしで500円割引
  • webからの申し込みで500円割引
  • 1年間で2回まで利用可能
  • au利用3年未満:1回目5000円,2回目8000円
  • au利用3年目以降:1回目3000円,2回目6000円(通常時から2000円割引)
  • 修理費用が上限5000円に抑えられる
  • 水没などの全損時でも10000円でリニューアル(すべての部品を取り換えて新品同等にすること)が可能

配達が早いので,代用機なしでもなんとかなりますし,もし自分のスマートフォンが動作せず使用できない場合でもパソコンや友達のスマートフォンを借りてweb 上で手続きを行えば,上記の金額より合計1000円の割引が受けられます.

交換用電話機お届けサービスの仕組みとは?

交換用電話機お届けサービスは,リフレッシュ品を自宅に届けてもらい,故障した携帯を返送するという使い方になっています.紛失・盗難の場合は旧電話機の扱いが異なります.auのホームページより引用しましたのでご確認ください.

盗難、紛失の際は、警察または消防署など公的機関に届出の上でご連絡をお願いいたします。受付時に、届出先の機関名、届出年月日、受理番号を確認します。なお、旧携帯電話機についてネットワークへの接続制限を行う場合があります。

出典:au公式ホームページ

しかし,具体的にリフレッシュ品とは何のことで,一体どこからきているのでしょうか.

リフレッシュ品って一体なんなの?

非常にまどろっこしい呼び方ですよね.auホームページにはこんな記述がありました.

交換用携帯電話機(リフレッシュ品)は、お客さまより回収した電話機に故障修理、外側カバーの新品交換、品質の確認を行った上で、新品同様の状態に初期化した電話機です。

au公式ホームページ

要するに,このサービスで回収した故障スマホを修理・きれいにして,使える部品を寄せ集めてリフレッシュ品として再利用しているということです.

注意すべきことは?

料金は?

上記の通り,auの利用年数によって交換用電話機お届けサービスを利用するための金額が変わってきます.au利用が2年間以下だと1回目でも5000円の費用負担が必要になってきます.代用機なし+web割を適用しても4000円は負担しなければなりません.

しかし,故障紛失サポートに加入していれば修理費用は上限5000円で抑えられ,確実に動作する状態で変換されますので私は修理をおすすめしています.

サービスの利用回数制限の仕組みは?

また,交換用電話機お届けサービスは,24か月の間に2回までという制限があります.

このように,2回サービスを使うと1度目のサービスを使ってから1年間経たなければ3度目のサービスを利用することができない仕組みになっています.

交換用電話機お届けサービスはおすすめできない

上記のとおり,手元にくる交換用のスマホは故障・破損したものの使える部品を寄せ集めたり,修理したりしたものが届くので,結構な確率で不良品が届くことがあります.詳しくはコチラ↓

初期不良の保証も到着から2週間のみと非常に短く,使える部品を寄せ集めたものであるがゆえに短期間のうちに再び故障してしまうことも多いのです.

修理の場合は自己負担の上限額が5000円までと定まっていますので,きちんとした修理と修理後の保証を考えると,代用機を使って過ごす期間は長くなりますが修理してもらうことをおすすめします!

以上,auの交換用電話機お届けサービスでした.参考になれば幸いです.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です